鍼灸 、専門学校生、東洋医学、

鍼灸学生の記録

2017年4月、女25歳。国立大卒業、スロヴェニア留学を経て,,,いざ鍼灸専門学校へ入学。学校の様子、勉学、日々の記録をここに記す。

医療維新!

こんばんは、meiです。

先週の日曜日は 日本統合医療学会 の記念すべき第20回!へ潜り込んできました。

 

 

学会というのはいろいろありますが、大抵学生のうちにいくのがとてもお得です。

会員でも会員以外でも参加費が1.5万くらいするところ学生はなんと!3000円(事前予約だったら2000円)なんです。たいへんありがたい〜。

 

そして刺激たっぷりのお話がきけてわたしは大満足です💕

 

あらためて、医療とは、癒しとは、治療とはを考えさせてもらいました。。

 

これからの医療は…

 

予防医療× 現代医療× 伝統医療

 

だ!

ってまだまだ卵の卵であるわたしが偉そうにすみません。

 

でもこの統合医療の考え方に、なぜ鍼灸なのか、の回答が共鳴しております。。

 

現代医療はすばらしく発展してきているし、沢山のすばらしい先生方が日々努力されています。しかしまだまだ、現代の技術をもってしても解明できないところもある。

 

その西洋医学のまだ苦手とするところ(たとえば鬱とか)で伝統医療が活躍したりするのです。

 

そこで現代医療も伝統医療も車の両輪のように連携して医療を行えたらいいのに!

と身をもって実感したのが大学生のころ…

(また詳しくは別の記事で書きます)

 

しかし現在のところ西洋医学がメインであることは疑いようがありません。

ぜひ東洋医学を相棒にしようよ!そして必要としている人が伝統医療にも出会えるようにしたいという思いがあります。

 

 

いきなり話は変わりますが、

 

わたしたちの生命には未知な部分がまだまだありますね。

 

たとえば、

がんも全体の何割か忘れましたが自然治癒してしまう例があるのです。

 

ホリスティック(←統合医療とも意味が違うと思うのだけどこれもまた今度)Dr.大集合のシンポジウムでもこんなお話しがありました。

 ↓

*****

 

ある患者さんは癌が見つかりましたが、超早期発見でした。

ほぼ100%これで死ぬことはない。

癌であることは本人に伝えず治療が行われたのですが、どこからか漏れて伝わってしまいました。しかもなぜか末期の癌だと誤って伝わってしまったのです。

 

手術は成功に終わりました。

しかし患者さんは先生にいいました。

「先生、わたし、実は知っているんです。わたし末期の癌なんですよね。。。」

 

先生はびっくりして本当のことを伝えます。

「いやいや!たしかに胃潰瘍だと嘘をお伝えしましたが、これは超早期発見だったので絶対大丈夫です、保証します。」

 

しかし患者さんは、

「いいんです、お医者さんは本当のことは言わないって知ってますから…」

 

ほんとうにその小さな腫瘍は取り除かれていて、成功していたのに、患者さんはその3ヶ月後に癌が全身転移して現れ、亡くなったそうです…

 

逆に、

 

「おれは医者なんか頼らず自分で治す!」と豪語して、さらには

「医者の馬鹿野郎!」と暴言を吐いて出ていった末期癌の患者さんで、ほんとうに自分で治してしまったという例もあります。

 

 

*****

 

どうしてこのような例が起きたのか。。

 

想像するに、最初の方は癌は取り除いたけど心がものすごく弱っていて、身体の免疫が下がってしまった。それが癌に再びチャンスを与えてしまい、全身に転移した…

心も身体と一体であるため、こんなにも気持ちが影響するんですよね。。

 

「ちょっとした気持ちの問題」で体調が上下するのは誰もが経験したことあるはずです。

 

反対に癌を気合いで治してしまった人の例があるように、

人間には身体・心に(東洋医学ではこれを一元的に捉えます)この自然治癒力が備わっているので本来病気になっても治るようにできているのです。(と考えます。)

 

しかしこの本来の力を発揮できない生き方を続けることで、病気をもって警告を発しているのです。

 

医療はその本来の生き方へ戻すサポートをするのだと、先生方は仰いました。

 

 

医療とは病気を診るのではなく、病人を診る

 

医療はその人の人生を診る、そして生き方を変える手助けをする

 

そして医療は愛である

 

生き方ってとこはたぶん生活習慣と言い換えてもいいんじゃないかなと思いますが)

 

東洋医学にとっては上の二つはそんな新しい考えではありませんが、

西洋医学の先生方が現代医療に限界を感じてこう仰るのですよ。

 

ならば自然とここに行き着くのでは⁈

現代医療と伝統医療と力を合わせたらもっとハッピーになる人が増えないわけがあろうか!と。

 

 

「そろそろ我々も理想を構築するのをやめて行動をしなければならない」と、大会長川島先生のお師匠さまが仰っていましたが、

 

鍼灸をはじめ伝統医療が統合医療の一端を担うのには鍼灸界(またえらそーに…さーせん!)が準備オーケーかといえば、現代医療の先生方と同様にいくらかの、あるいは膨大な、ブレイクスルーが必要なんではないかと、新参者から恐縮ですが、思います。

 

予防医療× 現代医療× 伝統医療

 

この架け橋になるためのツールというか、連携して行う土台がまだないんだと思います。

現状は、自由診療統合医療自由診療が多いです)を不自由なく利用するためにはある程度裕福でないと、厳しいです。

それがありたまえのように患者が医療を選べる(患者の自立)時代に貢献したい!

 

 

わたしはなにができるだろうか。。

夢を大きく見た一日でした。

 

f:id:meitori:20171129223210j:image

日比谷公園の紅葉が綺麗でした🍁☺️

 

ねんしん

今日は、いいお天気ですね。

 

ちょっと最近体調が思わしくなくブログも滞っておりました。ぺこり。

 

学校でも11月に入ってバタバタと風邪っぴきが増え、空席が目立つようになってきました。皆さんもどうぞお気をつけて。

体を冷やさず、寒くても適度に運動して、美味しく旬を食べて頑張りましょう。

 

最近の実技授業では基礎練が主なのですが、撚鍼につまづいております。。

 

銀の鍼は細くてすこーしの力でもたわんでしまったり、折れ曲がったりします。

 

皮膚を貫通させるのも結構大変。

 

これをくるくるとひねりながら、体の中へ細胞を掻き分けて進むわけですが、

(掻き分けてるというのは比喩のつもりですが)

 

むずかしーんだ。

 

組織を引っ掛けてしまうと痛いのなんの。

毛穴とかに入ったらそれもまた痛いのなんの。

 

あ、あれですよ、鍼がみんな痛いわけじゃないからね。うまくいけば痛くないです(はず)。せんせいのは痛くなかった。

 

 

コツコツと日々努力あるのみ、ですね。

 

f:id:meitori:20171125125611j:plain

 

良い一日をお過ごしください。

ふと、ガラスに映る自分が…

電車に乗っていたら、

 

ふと前方を見上げると私自身が扉のガラスに映っていた。

 

あ、わたしだ。

 

と思う。

 

しかし、そのあとすぐに、

 

これは私なのか?

 

とまるで病み上がりの物書きみたいな問いが浮かんでしまった。

 

普段疑いもなく私だと思っているこの個体、肉体は、ほんとに私なのか??

 

しかし私はこの身体の全てを知らない。

 

いま、この瞬間も、そして死ぬまで動き続ける心臓の感触をしらない。

 

脊髄が血液を作る過程を感じない。

 

右手を動かす神経の速さについてゆけない。

 

腰から足がだるい原因を取り除きたくても、方法がわからない。

 

これはほんとに私?

 

 

 

…人体は解剖され、生理を突き止めた、と、科学によって説明できると思いがち。けどまだまだ人体や生命の謎は深く深く、本当にロマンがあるとおもう。

 

東洋医学では人を小宇宙に例える。

 

まさに。

 

こんな身近に宇宙があったんだな。。

F-style 鍉鍼という刺さない鍼

ていしん という鍼の種類をご存知でしょうか?

 

今日は船水先生の学生向け鍉鍼講座に参加してきました。

 

船水先生の魅力に引き込まれ、鍉鍼のポテンシャルに興奮を覚え、台風直前の悪天候にも関わらず多くの学生が集まり、約4時間ほぼぶっ通しの集中力を発揮していました。パチパチ〜。

(船水先生、素敵です。学校にあんな先生が居てくれたら嬉しいよなぁ…!)

 

 

東洋医学の考え方から鍉鍼についてお話してくださいましたが、わかりやすく楽しく!刺さない優しい鍉鍼にとても興味深々です。

 

「ていしん」と打つとすかさず「挺身」と予測してくれるわたしのiPhoneも、きっと直ぐに「鍉鍼」を覚えてくれるでしょう。笑

 

 

さざなみ、というオリジナルの鍉鍼は勉強会に参加すると少しお手軽に購入できます(というか勉強会でしか売ってもらえませんが)。

今回わたしは(高価だったので)足踏みし購入しませんでしたが、キチンと訓練していけば本当に良いものだなと思います。鍼は痛いという先入観を持たれがちです。また子供などにやるのは少し気がひけるという方々にも安心してできます。

とくに災害時に衛生面が心配される場面では本当に重宝されますよね、だって刺さないから!

 

 

 

アメリカなど海外でも活躍する船水先生のお話は刺激的です。

 

鍼灸は日本では広く認知されているようで、しかしその効果や背景について(気とか経絡、など)は眉唾と思われがちで、じつは「気」などの概念はアメリカのほうがすんなり信じてくれたりするそうです。

 

良いものは良い、といえる文化にすこし差がありそうだなと感じました。

 

 

 鍉鍼、おもろい!

ぜひ今後も学んでいきたいっす。

 

ありがとうございました!

 

 

f:id:meitori:20171022193133j:image

 

なぜ鍼灸なのか⑵

こんにちは。寒さに弱いmeiです。

 

今日は久しぶりに近所の鍼灸院へ行ってきました。

結構頭痛が頻繁になってきたり、持病?の右足が悪化すると治療してもらいに行きます。

そこの先生は積聚(しゃくじゅ)という療法を行います。

これは非常にやさしい治療法です。ほとんど刺入しません。先生のお灸は結構熱いけど、すごく気持ちがいいです。

私はいつもすぐ、くかーと眠りに落ちてしまします。

 

鍼って痛そうだし怖いな、という方は一度お試しください。

 

 

さて、前回の終わりに、鍼灸との出会いを書くと宣言しましたので。。

 

 

出会いその壱

私の鍼灸との出会いは案外早くてですね、小学校とか、そのくらいの年代だったと思います。

というのも、叔父が鍼灸あん摩の有資格者だったのです。

 

しかし、叔父から鍼灸治療をがっつり受けていたという記憶はあまりなく、

叔父が勉強して拾ってきた他のいろんな治療法の実験台(とまでは酷くないけど笑)になっていました。笑 

 

正確に言えばこれが出会いになりますね。

 

その叔父のおかげで、鍼灸はもちろん、その他”見えないけどあるもの”系に対する疑問や抵抗などは全く持たずに育ちました。

 

今思えばかなり叔父の影響を受けて育ったなぁと思います。

 

鍼灸の道に行くと言った時はいっちばん強く反対されましたけどね。笑

 

有難い存在であります。

 

 

出会いその弐

大学時代になってから、割とハードな運動部に入り、そこでがっつり鍼にお世話になりました。

 

普段は身体がめっちゃ疲れた時とか、どこか痛めた時とかに利用していたのですが、

一時期、心身ともにダウンした時がありありまして、そこで初めて「鍼って精神的な疾患にも効くのか!」と実感したのでありました。

 

正直、本当に悪かった時期のことはあまり覚えていないのですが、財布の中にはやたらと病院の診察券があったり色々助けを求めてさまよった後だったので、余計にありがたく、感銘を受けたのかもしれません。

 

 

 これがざっくり私と鍼灸の出会いです。

 

ふたつめの出会いと、その鍼に救われた経験おかげで、私は鍼のすごさを割と信じられているわけですが、これが鍼灸師を志すきっかけにも当然関わってくるのでした。。

 

 

では最後、長くなりそうですが、鍼灸師を志した理由…についてまた次回書こうと思います。

 

寒くなってきましたが、みなさま風邪引かないように!あったかくして週末をお過ごしください。

 

では

 

 

なぜ鍼灸なのか

こんばんは。 meiです。

 

 テストも終わり、十月より後期に入りました。

日が短くなってゆくのは、どうも寂しさを覚えますね。。

 

 

そろそろ、少しは鍼灸を学びたいと思ったきっかけなんかも話していこうかなと。

 

そのまえに、聞いた話ですが、

万が一テストに躓いてしまったりすると、この時期はどうやら悩みの時期のようです。学費の納入も合間ってこのまま続けてもいいものか…と不安になったりもするそうです。(よーわからんが)

 

ふと、大学時代の部活を思い出しました。

辞めたい、という日常茶飯事の悩みの相談に乗ると、わたしは決まって、彼らを引き止めていました。

立場の問題もあるし、辞められて嬉しいわけがないですからね。

 

でも結局、どちらが正しいのかはわかりません。おそらく誰にも分かりません。

きっと何年か後に悩んだ本人が振り返って決めることでしょう。

 

だから、ここで挫けてしまうのも、励まされて踏み止まるのもご本人の自由ですね。

 

 

でもね、、とても気の毒です。

 

やはりもう入ってしまったので、あらゆる手を尽くしてやる気をすこしずつ充満させて行って欲しいなと思います。

 

学校はただスタートラインに立つために、靴を履いたり体操着に着替えたりする準備でしかありません。(と思う)

 

“たかが”そんなものに、挫かれてほしくないです。

 

がんばろうよ!

 

と、心の中でエールを送っています。

 

 

………。

 

つづく。

 

f:id:meitori:20171003220918j:image

 

 

次回、鍼灸との出会いについて書きます。

 

(そんな引っ張る話でもないやろ!とつっこみが聞こえて来そうです。なんか自分の話に持って行きづらくなったので…)

 

ほな、また!

 

 

9/26 医療英語

こんばんは。meiです。

あれ、なんか更新頻度が増えつつある…?!

 

帰りの電車に揺られながら、短いものでもその日のことを書いたらいいじゃないか!と思い至り、チャレンジ中です。

 

 

今日は実技と医療英語の授業。

医療英語は1ヶ月ちょいしか授業がないですが、必須なんでしょうか、カリキュラムに含まれております。

 

英語は、まあ出来れば役には立ちますよね。いつか。もしかしたら日本語がわからない患者さんが来たり…もしかしたら外国の方に鍼ってなに?って聞かれた時とか…??

 

んー、授業必要かなぁ。笑

 

論文読んだりするのには医療系語彙を増やさなきゃいけないので、うん、有り難いですが、

 

いま1ヶ月ぽっちやっても、、、、なぁ…

 

ってところが正直な感想です。

 

ましてやクラスのメンバーの語学力だって当然差がありますから、、

 

いまここでやる意味…?

 

ってなってるけど、ないしょ。黙って英会話楽しんでおります。

 

なつかしい文法とかやってます。

 

批判ばっかになっちゃてるけど、内臓とか疾患とかの単語教えてもらえるのはいいとおもいます!よ!ラテン語のまんま残ってるのが多いから発音もよーわからんしね…。

 

はい、こんなところで、終わります。

 

さ、あしたもがんばりましょうー