鍼灸 、専門学校生、東洋医学、

メイ、鍼灸師になるってよ。

2017年4月、女25歳。国立大卒業、スロヴェニア留学を経て,,,いざ鍼灸専門学校へ入学?!学校の様子、勉学、日々の記録をここに記す。

言いたいことを言うことについて

言いたい言葉を飲み込むと、

 

なんだか喉のあたりが詰まるような

 

息苦しいような、

 

そんな気がしません?

 

少なくとも、気持ちのいいものではないですよね。

 

我慢を始めると何となく淀んだような、

 

すっきりしない感覚をわたしは覚えます。

 

これって東洋医学では心も身体の一部だから、

 

気持ちの問題ではなくてちゃんとした治療法があるのですよね。

 

それって、、面白くないですか?✨

 

ただ、もちろん、鍼がなくても健康は存在するように、

 

じぶんで調整することだって、できます。

というか普段みんなやってるんだ。

 

つまり、

 

言いたいことを言うってことが、

 

健康な状態であり、治療にもなる。

 

河原で叫ぶのが気持ちがいいのは気のせいではありません。

 

言いたいことは飲み込まずに言おう。

 

好きなものは好きって言おう。

 

嫌なものには嫌と言おう。

 

悩んでるなら悩んでいることを言おう。

 

考えたいなら考えよう。

 

 

*-*-*-*-*

この間、久しぶりに、

 

押し込めていた気持ちを吐き出してみました。

 

言わないことがオトナな対応だと思ってたから。

 

でも、言わなかったときより、

 

言ったあとのほうが人間関係もよくなった気がするんだな。

 

悪くなると思って我慢してたのにな。笑

 

伝えたいこと言ってみたら、結果は意外とどうでも良くなって、

 

言えたことにすっきりして気分は爽快だったし、幸せな気分だったよ。

 

今日もここで言いたいこと書きました。

 

明日もまた良い気分で過ごそうっと。

 

f:id:meitori:20181109234109j:image

 

 

定石を覚える

囲碁とか、将棋とか、

 

定石ってありますよね。

 

鍼灸も、

 

まず治療の定石を覚えないことには、

 

碁盤のあの広い世界を縦横無尽に戦えないのですよ。

 

この果てしない宇宙(身体を)を旅することができないのですよ。

 

次の一手の可能性は決まりきっているようで、しかし果てしないように、

 

治療も定石があって初めて、そこから一歩踏み出して新しい場所に到達するのでは。

 

 

あれ、当たり前すぎること言ってるかも。。

 

 

寝酒をしております。

越の寒中梅、秋あがりでございます。

 

どうぞ皆さま風邪にお気をつけて。

 

 

f:id:meitori:20181109001007j:image

頭の中のジグソーパズル

こんばんは、メイです。

 

昨年から引き続き、経絡治療学会の関東支部の勉強会に参加することにしました。

 

会員費+年間約10回+学術発表会参加費 で 45,000円なり。

 

安いですか?高いですか?

 

昨年はベラボーに高いと感じました、正直。

 

内容とか質の理由から。

 

正直、もう行くまい!と思ってた。

 

 

でも、でも。

 

それって、自分の受け方がいかんかったんじゃないかと、、

 

反省しました。

 

 

「なにをするか」ではなく、

 

「どうやるか」だ。

 

これ、実は大学時代にいっつも他人に言ってたこと。笑 (部活の勧誘とかね!笑)

 

いまは自分に言い聞かせています。

 

今年はもっと、もっと学び多き勉強会にする、ぞ!

 

ぞ!

 

 

 

去年、鍼灸学生1年目のときは、

 

まだジグソーパズルの箱をひっくり返して、

 

大きなキャンバスの上で

 

ピースをつまみ上げては、

 

眺めて、

 

これはいったいなんだろう?

 

の繰り返しだった。

 

それが、

 

今年、2年生になって、やっと、

 

パズルの四隅や端っこのピースが見つかってきた。

 

ジグソーパズルって、端から始めますよね?

 

端っこが見つかると、意外ととんとんと

 

その先が見つかることがよくあります。

 

あ、さっきのここだったか!みたいな。

 

そんな気づきが増えてきました。

 

今日この頃。。

 

そんな小さな進歩も嬉しい。

 

始まったばかりだけど、去年から少しずつ増えてきた知識とか言葉が

 

少しずつ結びつき始めてる。

 

 

どんな絵になるのやら。

 

 

楽しみで仕方がない。

 

 

…もしかしたら今回の人生では完成しないかもしれない。

 

ふふふ。

 

f:id:meitori:20181023004205j:image

 

 

 

鍼灸 all over the world

こんにちは!meiです。

 

今朝ね、勉強会に行こうとしましてね、

 

電車乗ったんですが、お財布の中のお金を切らしていたので、

 

ATMで下ろそうと、

とりあえず会場の最寄りまで行ったわけです。

 

み○ほのATMへ行ってみると、なんと、

 

サービス休止だとよ…!!!!

 

うぉい!!!

OMG!!!! って盛大にリアクションしたかったよ。ちくしょーう。

 

何しに出てきたんだ〜ってとても情けない気持ちになりながらも、

 

 

…いや、きっとこれは今日は勉強会に行くべきでないという神のお告げか。。

 

と、とぼとぼ、帰宅。

 

そんな一幕から今日という1日が始まりました。

 

*****.......🙄

 

 

さて、気を取り直して家で臨床医学を復習中でありますが、(いやブログ書いとるやんけ。)

 

先日ですね、

Facebookのつながりから、

 

アメリカ人の鍼灸師に会いました。

 

欧米でも鍼灸はとても受け入れられているそうです。

 

もちろん地域差があるとのことですが、会った彼はNYから。

 

セレブリティたちが積極的に鍼灸を受けてくれることでアメリカでもメジャーになりつつある鍼灸です。

 

日本の鍼灸は今回初めて体験したそうですが、

 

かなり中国の鍼灸との違いを感じて驚いておられました。針がやわらかいとか、やさしいとか。

うんうん、そうでしょう。

 

そして彼はいつか京都へ来て働きたいと言ってました。

 

(残念ながら鍼灸師の国際免許というのか、国をまたいでの互換性がありませんので、もし日本で鍼灸師として働くならば再度日本で鍼灸専門学校に通わなければなりません。そりぁ大変だわ。)

 

わたしも、じぶんの技術を磨いてぜひヨーロッパやアメリカに進出したいと思っています!

 

とくに、やっぱりスロベニアに帰りたい…

 

帰りたい………。。

 

っと、いけない。危うくホームシックが再発するところでした。

 

まぁとにかく海外へ行こうと考えてるんですが、

 

問題は方法ですよね。

 

先ほど述べたNYの彼の問題=わたしの問題でもあります。

 

わたしがスロベニア鍼灸師として治療するには

向こうでの免許が必要なはずです。

 

欧州では一部ゆるい国もありますが、

 

基本医師でないと鍼灸も、できません。

 

スロベニア語で医師免許とか、笑、それだけでも10年以上かかりそうですよね。笑。

 

ですから何か他の方法を考えねばなりませぬ。

 

どっかのチームか個人に帯同するとか?

 

スロベニアはスポーツも大変優秀ですから…

 

 

あれ、いつのまにかスロベニア寄りに話がズレてきましたね。笑

 

 

まだ夢段階の話でしたが、

 

実際海外からの鍼灸師に会えたことは大変刺激になりました。

 

悩んだら行動あるのみ!

 

*****

 

 

 

さて、目の前の課題に戻りますか。

 

 

 

f:id:meitori:20181007113831j:image

 

 

 

 

 

 

 

学生生活折り返し

お久しぶりです。

 

先日NHK東洋医学特集がありましたが皆様ご覧になられましたか⁈

 

私は、、まだです…!!

 

録画してあるので今週末観ようと思います。

 

ゴールデンタイムにNHKでがっつり東洋医学…。。

 

もっと、やってくれ!!

 

まだ正直、鍼灸という医療は「医療」として広く認知されるには道半ばと思いますけど

 

でもでも、確実に流れは来ている!

 

と信じて今日も淡々と…お勉強です。

 

 

9月の1,2週目に筆記と実技のテストがありました。

 

追試は免れていますが筆記テストはもうちょっと頑張らにゃな〜。。7〜8割に留まっておってはあきまへんな。。

 

と、自分に言っています。

 

まぁ、一喜一憂せずにコツコツ、淡々といきませう。

 

 

 

外はやっと、秋めいてきましたね。

 

この頃の朝の空気が好きです。

 

雨が多いですが、収穫の秋までもうすこし、

楽しみです。

 

 

f:id:meitori:20180928095201j:image

 

 

医師免許をもつ鍼灸師

高血圧は怪しいもんだ、と疑ってるわたし。

 

高血圧を降圧剤で下げる必要のあるひとはもっと少ないんじゃないかと疑ってるのだけど、

 

まぁそれはどっちでもいいんだ。

 

 

鍼灸師が薬何飲んでるか?って問診で聞くのはオッケー、だけど

 

その薬あってないんじゃないかとか、

 

やめたほうがいいんじゃないかとか、

 

言ってはいけないのだ。

 

漢方も、医者でないと処方できないのだ。

 

(登録販売者という制度を利用すれば処方ぽいことはできる)

 

 

医師免許も持ってる鍼灸師

 

になりたいな。と、ふと。。。

 

鍼灸師免許を持ってる医師じゃなくてね。

 

 

 

I LOVE 図書館

夏休み突入!です。Hello summer!!

 

今年度入学した1年生はカリキュラム変更に伴い授業数が増えているので、2,3年生のみ1週間ほど早く、休暇に入りました。

 

夏休みといえばパーっと開放感あふれるイメージですが、仕事がある学生にはあまり関係ないです。笑

 

むしろ学校のある生活リズムを乱さない方が、後々後悔しないですみます。

 

というわけで、夏休み1日目の今日も学校に行ってまいりました(えらいわぁ。)

 

とりあえず1時間ちょっと臨床医学論のノートをまとめて、、

 

ふらっと図書館の方へ行くと、あら開いているではないですか。(メーリスで連絡あったらしい)

 

東洋鍼灸専門学校の施設で1番?好きかもしれない(でもあまり利用する時間がない…)

図書館です。

 

荒川先生という古典では権威(?)の先生が常駐してくださってて、あの本…って題を言えばたいていサッと取り出してくれる。

(本の場所ぜんぶ覚えてるんか…⁈⁈)

 

部屋の奥は椅子とカウンターがあって、ちょっと眠くなるような色のスポットライト付き。

ここで読むとなんかスーッと本に入っていけるんですよね。(そして眠りにも。笑)

 

なーんだ、せっかく授業がないのに、はじめから図書館来ればよかったやーん。

 

すごく広いわけじゃないですが、

それなりにいろんな本があって、古典も結構揃ってる。

 

むかーしの鍼灸雑誌とかもある。(TAOって雑誌が面白い!おすすめ!)

 

あとDVDも観れる。

 

 

最近ゆっくり本を読むという贅沢な時間が減ってきてしまってるけど、やっぱり本はいいなー。図書館好きだなー。と思ったのでした。

 

 

東鍼校来るなら、ぜひこの図書館活用してね!

 

 

*******

 

 

 

今日は広島に原爆が投下された日…

 

 

世界に平和が少しでも増えますように。。

 

 

黙祷…

 

 

********

f:id:meitori:20180806212700j:image